会長挨拶


会長挨拶

2019-20年度 クラプテーマ

『ロータリーの「輪(わ)・和(わ)・環(わ)」』

 三つの(わ)をもって、クラブの活性化、人材の育成を図る

私たちのクラブが今、必要としていることは何ですか。クラブも創立して8年目を迎え、何となく活動をして流されてはいませんか。ロータリーの最大の目的であるポリオ撲滅、クラブ創立10周年記念事業計画や、奉仕のメインである青少年の健全育成事業など課題は山積みです。
今年度は、全ての活動に目標・目的意識を持って、皆で共有し活動をしていきましょう。会員一人一人がクラブの代表だと認識して、三つの(わ)でつながりましょう。

第1の輪(わ) 会員増強

 輪っか・サークル ロータリーという名は、設立当時各メンバーの職場を順番にミーティング場所として使っていたことに由来する。
 人材はクラブの宝です。私たちのクラブの発展にはもう一回りも二回りも、クラブの輪を広げなければならない。その為に私たちと手をつなぐ、新たな仲間を見つけましょう。増強目標は4名です。

第2の和(わ) 親睦活動

 この和(わ)には、やわらぐ、なごむ、仲良くすること、調和のとれていることなど、人の感情を表す意味があります。
 クラブの中で、感情を表す機会が多いのは親睦活動です。親睦活動の充実は、皆が仲良くなる機会であり、会員を増やすきっかけにもなります。
 仲間同士でつながろう、和を広げよう、クラブの活性化に向けて。

第3の環(わ) 奉仕活動

 リング・円・輪の形をしたもの、周囲を取り巻くなどの意味があるが、音読みをするとカンと読む。
環境など。
 三つ目の環(わ)は、奉仕活動。特に地球環境に寄与する奉仕活動を意味します。人に優しいロータリアンで満足せず、地球にも優しいロータリアンを目指しませんか。

 まずは一つ、誰でも簡単に、一人でも、年間通して活動できる、ペットボトルキャップの回収をやってみましょう。そして、ポリオ撲滅活動の一助にしましょう。


国際ロータリー第2770地区第9グループ
                     八潮みらいロータリークラブ 
              2019-2020年度

              会長     髙 橋  洋 一